正体不明のアクセスポイントは危険!不正なWi-Fi基地局からプライバシーを守る

強度の低い暗号形式では接続しない

外出先でWi-Fiを使ってネットに接続する場合、注意しなければならないのはプライバシーの漏洩です。というのは、光ファイバーやADSLなどの固定回線と比べると、Wi-Fiはデータを盗聴される可能性がやや高いからです。なぜかというと、まず、接続するにあたって利用される暗号の中に弱いものがあることが挙げられます。その暗号は既に中身のデータを解読できるソフトウェアが存在するため、メールを送受信したときに、内容を第三者にすべて見られてしまう可能性があります。

ただ、強度が高い暗号も存在するので、スマホやタブレットなどの端末からWi-Fiに接続する場合は、必ず、強度が高い暗号形式で接続するようにしましょう。

不正を意図して立てられたWi-Fi基地局に注意

もう一つの危険性として、Wi-Fiの基地局は誰でも運営できるということが挙げられます。接続するのにパスワードも暗号もかかっていない基地局をあえて立ち上げ、誰かが接続するのを待ち、接続してきたらデータをすべて盗み読むということが可能なのです。こうした危険を避けるためには、よくわからないアクセスポイントには絶対に接続しないことです。

外で使えるWi-Fiは有料のものが多く、パスワードなしに無料で接続できるアクセスポイントは、Wi-Fiの利用にお金を払いたくない人ならつい使いたくなるものですが、もし接続したら、どんなウェブサイトにアクセスし、どんなメールを送受信しているのかというプライバシー情報は、すべて筒抜けになると考えておいた方がいいです。

シュレッダーは、対象物を細かく切り刻むための機械です。個人情報の記載された書類などを破棄するために使用されます。