どんな点に注意すればいい?インターネット上の誹謗中傷対策について

サイトの管理者へ削除要請する

インターネット上の誹謗中傷対策として基本となるのが、サイト管理者への削除要請なんです。インターネット上で誹謗中傷を受けるのは、名誉棄損にもあたってきます。サイトの管理者へ連絡がつかないときには、プロバイダへ相談してみて下さい。サイトによっては独自のルールを取り入れている場合もあるので、削除要請をする前に忘れずチェックしておきましょう。利用規約に反する内容だと管理者が判断すれば、書き込みを削除してもらうことが出来ますよ。インターネットを利用する人が増えたこともあり、ネット上の誹謗中傷も多くなっているのが悲しい現実です。実害が発生しないうちに、なるべく早く対策をとるようにしましょう。

悪質な場合は警察へ相談する

削除後にまた誹謗中傷の書き込みをされるなど、悪質な場合は警察へ相談することも必要になってきます。プロバイダによって相手は特定されているので、法的な手段も取りやすいはずです。法的対処を相手に警告することで、誹謗中傷が収まる場合もありますよ。それでも相手が強気な姿勢を続けるなら、刑事告訴も視野に入れなければなりません。名誉毀損罪や侮辱罪など、誹謗中傷の内容によって罪名も変わってきます。警察へ相談するときには、誹謗中傷の証拠を示すようにして下さい。もし警察が動いてくれない場合には、相手に民事損害賠償をすることも可能です。もし相手が支払いに応じてくれないときは、訴訟を起こして慰謝料の支払いを求めるようにしましょう。

芸能人における誹謗中傷対策は、事務所がしっかりとSNSを監視し、悪意のある書き込みに対処していくことが大切とされています。