ストレスチェックの導入!便利なシステムとは?

ストレスチェックの義務化への対応方法

従業員に対するストレスチェックの実施が義務化された影響を受けて、ある程度の規模を持っている企業では様々な形でストレスチェックを実施するようになりました。典型的なのは健康診断の際にストレスチェック表を渡して問診のようにして回答してもらう方法です。それを集めてストレスの程度を評価し、一定以上のストレスを持っている従業員に対しては医師の診察をする機会を提供するという形で運用されています。しかし、健康診断の実施に合わせて行うと病的な要素があるのではないかと従業員が懸念を抱いてしまいがちです。これとは独立に簡便に行えるシステムを導入した方がより客観的な結果を得ることができます。

eラーニングタイプのストレスチェック

社員研修や社員教育の方法としてeラーニングの導入が進んでいますが、これと同様なシステムでストレスチェックを行えるようになりました。従業員に対して期日までにストレスチェックを実施するように通達し、故人のアカウントでシステムにアクセスして問題に答えていけば良いという形になります。これであれば健康診断とは特立させることができて客観性の高い情報を得ることが可能です。また、eラーニングの形式を取ることによって社員がどこにいてもいつでも受けることができるため、業務に大きな支障を与えずにストレスチェックを実施できます。一度導入してしまえばルーチンで実施できるのもメリットであり、企業としてストレスチェックシステムを導入する価値は高いでしょう。

ストレスチェックシステムとは、会社などにおいて社員たちが精神的なストレスで体調を崩すのを防ぐシステムです。